ブライダル塾

結婚が決まった人も、今は予定のない人も、
もちろん男女問わずお役に立てる、
ブライダル情報満載の、結婚式準備応援ブログ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
手作り結婚式の落とし穴。
私は結婚式に関する手作りを勧めております。なぜかというと、もちろん思い出に残るし、より自分のイメージに近いものができる。オリジナリティーがある。場合によってはとっても安上がり。といいこと尽くめだからです。

ですがですが!この「手作り」にも落とし穴が・・・。ちょっと今回はきつめですが、重要な内容なので我慢して読んでください。あなたの株を落とさないためにも・・・。

一生懸命いろんなものを手作りしたけど、招待客の反応はいまひとつ・・・。悲しい現実ですが、「手作り」を前面に押し出しすぎると、抵抗を感じるお客様もいるのです。司会がいちいち手作りであることを強調し、その度に拍手を求められたら、さすがに嫌になってくる気持ちも分かります。披露したいのは分かりますが、花嫁手作りご自慢大会になってしまわないように、あくまで控えめに、がいいでしょう。基本は「おもてなし」ですからね。

そしてもう一つ。普段趣味で作ったものならともかく、結婚式で使用する手作り品に「心がこもっていれば下手でもいい」は残念ながらあまり通用しません。作るならきちんとしたものを作りましょう。お金を払って出てきたパーティーに安っぽい手作り品があったらガックシ**台無しになってしまうこともあります。怖いですけど、そういうところにチェックの目を光らせている人もいます。私も仕事柄ついつい見てしまいますが(ゴメン)、「残念*」と思うことも時々ありますね。どうしても苦手なものは無理せず既製品を検討することも、成功への一歩です。

なんて、脅してしまいましたが、やっぱり手作りはいいもんです。きちんと考えて、準備して、丁寧に作れば、完成度は自然と高くなります。手作りのものをお友達に客観的に評価してもらってもいいですね。完成度の高い手作り品ならむしろどんどん出していくべきだと思います。全体とのバランスがうまく取れていれば、簡単なものでもOKです。要は当たり前ですが、手抜きしないことですね。
| Bridal Column | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0)
ブライダルに役立つスキル、趣味 3
前回に引き続きブライダルに役立つスキル、趣味です。

書道
きれいな字が書ける人って本当にうらやましい。私は字がお世辞にも上手とはいえないので、字にいつも苦労しています・・・。達筆な方は、宛名書きはもちろん、席札を手書きにしてもステキですし、ウェルカムボードを粋な書で表現するのもおしゃれ。二人のロゴのようなものをつくるのもいいかもしれません。後で出す、報告ハガキでもお役立ちです!あぁ、本当にうらやましい・・・。

お菓子作り
お菓子作りが得意な方はいくつか挑戦できることがあります!ひとつはお帰りの際や、テーブルを回るときなどに配るちょっとしたお菓子(クッキーなど)を手作り。もう一つは引き菓子作り。さらにもう一つはウエディングケーキ作り!どれも大変かもしれませんが、がんばってみる価値はあると思いますよ。ただし、保存方法や賞味期限に気をつけて。それから、会場によっては手作りの食品を持ち込めない場合があります。事前にチェックしておきましょう。
フードラッピング―+50のおいしいレシピ
フードラッピング―+50のおいしいレシピ
福田 里香, 日置 武晴

着付け
花嫁の和装を自分で着付けられる人はなかなかいないとは思いますが(たくさん着なくてはいけないので一人では難しいです)、普段から着慣れているだけでも当日に大きな差が出てきます。全く着慣れていないと、何重もの帯や紐に苦しくなったり気分の悪くなってしまう花嫁さんもいらっしゃいます。ただでさえ緊張しているのに着付けのほうは崩れないようにしっかりしめますからね。
でも何回か着て、コツが分かっていると着付けてもらっているときの力の入れぐあいや、ちょっと崩れてしまったときも自分でさっとおなおしができます。
そしてなんといっても立ち居振る舞いが違います。これは悲しいですがほんとに躊躇に差が出るんです。姿勢から歩き方、ちょっとしたしぐさまで・・。和装での美しい振る舞いは、優雅でおもわずほうっとしてしまうものです。もし、慣れていらっしゃらない方もおうちで浴衣などでいいので練習してみてください。袖を意識するだけでだいぶ変わってくると思います。

この他にも、ヘアメイクやネイル、テーブルコーディネート、楽器演奏・・・まだまだたくさん結婚式に生かすことのできるスキルや趣味はありそうです。役に立ちそうに無い、と思っていても視点を変えれば、おもしろい演出につながるかもしれません。
あなたの得意な分野を生かすことによって、よりあなたらしい結婚式につながります。楽しみながらステキな結婚式を目指して準備してくださいね!
| Bridal Column | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0)
ブライダルに役立つスキル、趣味 2
引き続き、ブライダルに役立つスキルです。・・といってもかなり更新遅れてしまいました。ごめんなさい**

フラワーアレンジメント
普段からお花の扱いに慣れているなら、ブーケ作りにチャレンジしてみるのはいかがですか?ブーケトスでそのブーケを受け取った人も花嫁の手作りなら嬉しさも倍増です。
また、自分で作らなくても、注文のときに十分そのスキルは活用できます。ブーケだけではなく、もちろん会場装花も!お花の名前を知っているだけでも有利ですよね。あなたらしいステキなブーケや会場装花を手に入れてくださいね。

音楽鑑賞
あなたがもし音楽が大好きなら、BGMの選択はたのしい作業になると思いますよ。会場にまかせきりにすると、どうしてもありがちになってしまいます。イベントごとの盛り上がる曲を選択するのが難しくても、歓談中の曲を選ぶだけでオリジナリティーがありますよね。お客様も音楽好きのあなたらしい結婚式だな、と思ってくれるかもしれません。ただし、自分の趣味に走りすぎるのは禁物です。客層も考慮してくださいね。

グルメ
お料理は結婚式のメインとなるもの、といっても過言ではないと思います。マズイ料理ほど人の気持ちを暗くさせるものはありません(経験談)。食べることが好きな二人は会場選びのときにその力を発揮させてください。デートをかねて、食べ比べてみるのも楽しいですよね。さらに、当日のメニューにオリジナルメニューを加えてもらう時も、今までの経験がきっと生きてくると思います。おいしいお料理は最高のおもてなしですよ☆

ラッピング
結婚式にはラッピングしなきゃいけないものがたくさんあります。引き出物だったり、ドラジェだったり、ちょっとしたプレゼントだったり・・・。もちろん外注もできますが、こだわりたい人は自分でがんばってみましょう。
簡単でおしゃれに見えるもの。なおかつ当日のイメージとバランスが取れるもの。ラッピングになれている方ならちょっと気のきいたものが、すぐに浮かんでくるかも知れません。ラッピングのステキなプレゼントをもらったら、すごく嬉しくなっちゃいますよね?!ラッピングにはとても大きな力があるんですよ。得意な方は、ぜひ力を発揮してくださいね☆
ラッピングのステキな本を紹介します。。。

こんなふうに贈りたい!―ギフトラッピングの72アイデア
こんなふうに贈りたい!―ギフトラッピングの72アイデア

次回も続けてこのテーマですジョギング
| Bridal Column | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0)
ブライダルに役立つスキル、趣味
もしあなたが結婚式を準備するときに、何か得意分野があれば、それを生かさない手はないですよー!今回はその中でも特に活躍してくれそうな分野を紹介します。また、この中で興味があるものがあったら今から挑戦するのもいいと思います。どれも今後役に立つものばかりなので、りっぱな「花嫁修業」になること間違いなしですよん。

パソコン
以前にも「パソコンは最強のブライダルツール」で書いたように、パソコンは結婚式準備の必須アイテム!といっても過言ではないと思います。ペーパーアイテム、スライドショー、費用計算、などなど使い道はいくつも!「パソコン苦手*」という方もこれを機に、ちょっと近づいてみることをお勧めします。ペーパーアイテムが作ることができたら、そのスキルは今後の仕事でも役立つと思いますよ。それでも難しく感じるという方には、こんなものもありますよ。

ぜんぶ作れるウエディング小物の本―パソコンとプリンタを使ったハンドメイド術
ぜんぶ作れるウエディング小物の本―パソコンとプリンタを使ったハンドメイド術


カラー
最近カラーコーディネーターの資格、色彩検定が大人気ですよね。色彩の知識はブライダルにとっても役立ちます。何を選ぶにも「色」はとても重要になってくるからです。ドレスとブーケの色のバランスや、テーブルクロスやナプキンの色、自分の皮膚の色にあったドレス選び・・・。選ばなければいけない色はたくさん。だけど、その「色」を味方につければおしゃれな結婚式になること間違いなしです。自分のパーソナルカラーを知っているだけでも一歩リードです。

ハンドメイド
詳しくは「Do It Yourself」の方で取り上げようと思っているのですが、クラフト、ハンドメイドが得意な方、好きな方は、手作りウエディングに間違いなく役立ちます。逆に作りたいものがいっぱいあって嬉しくなっちゃうかも。

他にもまだまだありますので後日取り上げますね(そればっかり*)。「Do It Yourself」のほうにもハンドメイドの詳細を紹介しますのでチェックしてみてください。
| Bridal Column | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0)
ウエディングドレス 購入か?レンタルか?
 結婚が決まって一番楽しみなのは・・・?ドレス選び!!という方、多いと思います。真っ白なウエディングドレス、憧れですよね!

 ドレスを選ぶときに、まず悩むのはレンタルにするか、購入にするか、ということです。完全に、個人的な見解ですが、私は購入をお勧めします。購入する、といっても、既製品(プレタポルテ)を買うか、サイズオーダー、セミオーダー、フルオーダーと様々な選択肢があります。予算やデザインによって自分にあった方法を考えましょう。

 なぜ、購入を勧めるかというと、様々な利点が挙げられます。一つは、誰も袖のとおしたことのないドレスだということ。レンタルだと、そのドレスで何人もの花嫁さんが式を挙げたことになります。試着もあわせたらすごい人数になるかもしれません。 それにね、実は結婚式の時って結構汗をかくんです。緊張しているし、ライトは浴びるし・・・。下着はつけていますが、あくまで補正用で汗取りが目的ではありません。そして涙もぼろぼろこぼします(笑)もちろん、クリーニングはしていますが、気にする人は気になりますよね。購入すれば、そのドレスを着るのはあなたたった一人。大切な日のための新品のドレスです。

 もう一つは、サイズがぴったりだということ。レンタルではサイズが合わない場合は気にいったドレスをあきらめるか、多少の差なら当日だけ修正して着用しますが、限界があります。なかなかピッタリのドレスにめぐり合うのは難しいのです。特にボディラインのよく出るドレスはサイズが合わないと、ズレが大きく目立つので注意が必要です。

 さらにもう一つ、式の後も前も、ドレスと一緒にいられるということです。レンタルだとほとんどの場合、式場で着て、式場で脱ぐので一緒にいられるのはほんの一瞬です。でも購入すれば、式の前から自分の部屋にかけておけます。そのドレスを眺めながら、「あぁ、結婚するんだな」とふつふつ実感する、というのも素敵な時間になりますよ。式が終わった後も、ドレスはあなたのものなので、返却する必要はありません。二次会にも着ていけます。私は4次会の午前6時まで着ていました(笑)

 ドレス購入は高いと思われますか?そんなことありませんよ。プレタポルテなら10万円以下で購入することもできます。実はレンタルよりも安く済む、という場合も大いにあり得ます。今後、お勧めドレスショップを紹介していきたいと思います。楽しみにしていてくださいね。

 ただし、レンタルでお勧めできるものもあります。それは、和服です。花嫁衣裳を着物にしようと思ってらっしゃる方はレンタルをお勧めいたします。白無垢や色内掛けを一式そろえようと思ったら経済的にも大変です。その後の活用もなかなか難しいでしょう。どうしても自分のものを!という方は、半襟や長襦袢を購入するのもいいかもしれませんね。

 ちなみに私の場合はフルオーダーでした。実は、幼馴染がドレス製作のアトリエを開いていて、そこでお願いしたのです。シンプルだけど、一工夫されていて、どこにもない私だけの真新しいオンリーワンのドレスに身を包んだときは本当に感激しました。とっても嬉しかった。Sちゃん本当にどうもありがとう。今は形と色を変えて、およばれドレスとして活躍してくれています。そんなところも購入のいいところですよね。

 お色直しをしないカップルが増える中、ウエディングドレスを購入する花嫁さんも増えています。大切な日の為に、あなただけのウエディングドレスを手に入れてみませんか?
| Bridal Column | 10:57 | comments(0) | trackbacks(2)
「結婚式」をしないという選択
 「結婚式をしない」そんな選択をするカップルもいます。お二人の価値観で決めたことですから、私はいいと思います。ただ、お世話になった方々、特にご両親にはきちんと理解を得てください。

 結婚式はご両親にとって、立派に育てたわが子のお披露目、子育てからの卒業式、などなど思い入れの深いものです。ご両親の納得のいくように、二人の意志を丁寧に説明してあげてください。もちろん、感謝の言葉も忘れずに・・・。また、わが子の晴れの姿を見たい、という気持ちもあるかもしれません。そんな時は記念写真を撮ることもひとつの選択ですね。

 何もしないと決定しても、これだけはぜひやって欲しい、ということがあります。入籍したときでも、新居に引っ越したときでも、結婚を決めた日でもかまいません。二人で声に出して「誓い合う」ことだけ、やってみてください。(声にだすのがポイントです☆)「結婚」と言うものの大切さ、責任、そして幸せを十分に感じてくださいね。
| Bridal Column | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0)
ブライダル情報誌を冷静に見つめよう
 結婚が決まったら・・・憧れのブライダル情報誌を買う!!と本屋に走るのもいいけれど、ちょっと待ってくださいね。確かに、ブライダル情報誌って素敵ですよね。でもその全ての情報を鵜呑みにしないで下さい。

 代表的なブライダル情報誌は広告主の掲載料が収入源の大半です。つまり、広告主に不利になるようなことは載せていないのです。読者よりも広告主に有利に働くような情報も隠れています。

 例えば結婚式費用を扱った特集です。情報誌に結婚費用の平均額が載っていれば、「これぐらいは使わなくちゃいけないのかな?」と思いがちですが、そんなことはありません。平均金額を減らすと、結婚式にかけるお金が減る→業者の収入が減る→宣伝料を減らす→情報誌の広告収入が減る となるので、情報誌には不利なのです。情報誌にとってはこれから結婚する二人に、よりたくさんのお金を使ってもらったほうがいい、ということになるかもしれませんね。

 情報誌に載っている業者はその広告料をどこから捻出しているのでしょう?それはあなたがその業者に払う結婚式費用です。つまり、結婚式費用の見積もり価格には宣伝費が入っているのだと言うことをお忘れなく。冷静な目で判断しましょう。

 でも、やっぱりブライダル情報誌買いたいですよね。私もたくさん買っちゃいました!ドレスの特集や、演出のアイディアや、手作りのコーナーなど、たくさん参考にしましたよ。広告のコーナーもセンスのいい会場のテーブルコーディネートを参考にしたり、会場装花の色合いを考えたりするのにとても役に立ちました!気をつけたのは情報誌だけに頼らないということ。他の書籍やいろいろな人の意見、先輩花嫁さんの個人サイトなどからも情報を得て、冷静に比較検討するようにしていました。そうするとどれが正しい情報なのかが分かると思います。
| Bridal Column | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0)
パソコンは最強のブライダルツール!
 今、ここを読んでくださっているということはパソコンをお持ちですか??パソコンをお持ちの方は、しかもネットにつながっている方は、そうじゃない人に比べて、結婚式準備がずっとスムーズになるはずです!大いに活用してください!

 まずはなんといっても、情報収集ができること。「結婚式」や「ブライダル」などで検索すると果てしなく情報が提示されます。もっと詳しく検索すればあなたの分からなかったことがすぐに解決できます。ブライダル情報誌の公式サイトや、結婚式の準備に奮闘された方たちの個人サイト、ウエディングプランナーの方たちのアドバイス・・・役に立つ頼もしいサイトがいっぱいです!私ももうちょっと皆さんに貢献できるようにがんばりますね!

ペーパーアイテムを製作するときにもお役立ちです。これにはプリンターも必要になってきますが、その気になれば全てのアイテムを作ることができます。自分で作れば、安上がりなだけでなく、よりこだわったもの、自分の好みに合ったものが作れるし、ギリギリの変更などにも対応できます。いい思い出にもなりますよね。

表計算ソフトがあれば、結婚式準備にかかるお金の計算が簡単にできます。招待客の人数に変更があっても、すぐに総合計の金額が分かるし、無駄なところは無いか、削れるところは無いか、など検討しやすいと思います。一度自分で見積もりを出してみましょう。

 招待客の名簿の管理も簡単にできちゃいます。修正もスムーズ!将来的にもずっと使えるのでお勧めです。招待状を送るときはもちろんのこと、報告はがきや年賀状などのときにも役に立つこと間違いなしです!

 一生に一度の結婚式準備、せっかくがんばってするなら日記として書き留めておくのはどうですか?ブログを使えば、簡単に日記をつけることができますよ。その日記を通じて友達ができるかもしれません。

 披露宴に使うBGMの編集にも使えます。何枚もCDを持ってきて、「次はこのCDの何曲目、次はこっちの・・・」と言う風に会場にお願いすると、音響費が余計にかかる場合があります。レストランウエディングだと、対応してくれない場合もあるでしょう。順番に1枚のCDにまとめておけば、操作も簡単になりますし、そのCDを記念として残すこともできます。

 パーティーの演出として人気のスライドショーもパソコンがあれば簡単に作ることができます。思い出の写真を選んで、順番を考える工程は楽しいですよ。ただし、プロジェクタなどの映像を投影するものや、スクリーンが必要になってくるので、会場に問い合わせて見ましょう。

 結婚式に必要なアイテムをネットで買うこともできます。ドラジェやブーケだったり、ドレスだったり、はたまた新婚旅行の手配まで!時間の無い人、地元に欲しいものが売ってない人、色々比較して探したい人は、今すぐ欲しいものを検索してみて下さい。たくさんのショップがありますよ。そのうちここでも紹介していきますね。

 まだまだ活用方法はたっくさんあります。うまくパソコンを活用していけば、結婚式準備にかなり役立ってくれるでしょう。そのうちここでも活用方法の詳細を載せていきたいと思っています。そうして式の終わった頃にはあなたのパソコンスキルもうんとアップしているかも!?持ってない人は・・・この際新生活に向けて買ってしまいましょう!
| Bridal Column | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0)
前撮りって??
皆さん、「前撮り」という習慣はご存知ですか??前撮りとは、結婚記念の写真を、挙式や披露宴の2〜3ヶ月前にあらかじめ撮っておくことです。メイク、ヘアもセットしてのプロによる記念撮影。四国地方から始まった習慣で、現在は全国に広まっていますが、まだなじみの無い地方もあるようです。

前撮りの利点は時間に余裕のあることが一番にあげられると思います。記念撮影を当日に予定していると時間に追われての撮影になることも考えられます。お色直し毎に撮影知るならなおのこと。その間に、お客様を待たせることになるので急がなくてはいけません。ですが、前撮りでは写真撮影のためだけに動けますので、ゆったりとすすめことができます。

また、当日は着ない衣装を着ることもできます。当日はウエディングドレスだけなら、前撮りで、白無垢とカクテルドレスに挑戦するのもいいかもしれません。当日1日だけじゃ、もったいない!もっとドレスが着たい!と言う方にもお勧めです。

式の前に撮影しておけば、その写真を招待状に載せたり、当日会場に飾ったりすることもできます。スライドにしてもいいですよね。「前」撮り、と言っていますが、「後」撮りもアリだと思います。その場合は、報告はがきに利用できます。

でも、当日と前撮りと2回分、衣装レンタルや着付け代がかかることをお忘れなく。予算が足りない場合は、メイクリハーサルをかねて撮影するといくらか安くなることもあるようです。または、ドレスアップにこだわらないのも一つの方法です。普段の二人をプロに撮影してもらうのも素敵ですよね。思い出の場所にロケに行く、なんてことができるのも前撮りの利点です。

写真はプロと素人の差が躊躇に出ます。やっぱりプロにとってもらうと全然違うんです。自分でも知らなかった表情に気づかされたり、相手の新しい魅力に気づいたりできますよ!「写真」として思い出を残すことに興味のある方は検討されてみてはどうでしょうか?写真家によって表現がずいぶん異なるので、お願いするときは作品を見せてもらって気にいった作風の人にお願いしましょう。
| Bridal Column | 13:24 | comments(0) | trackbacks(1)
お家結婚 親族付合いがうまくいく絶好のチャンス!
 今はだいぶ少なくなってきましたが、地方や旧家ではまだ「お家意識」と言うものが大きく残っています。そんなご家庭の結婚式では「家と家との結婚」という定義が大前提として存在する、というのも珍しいことではありません。

 カジュアルな結婚式に憧れていて、そういう結婚式はイヤだなぁと思っていてもどちらかの家庭がそういった意識を持っているなら、それに従わなくてはならない時もあります。「もう結婚式なんてどうでもいい!」と投げやりにならずに、そんな結婚式を楽しんでしまいましょう。

 お家を意識した結婚は、言わば「伝統的」です。そこで、「日本の伝統的な結婚式」をテーマに式を考えてみるのも面白いと思います。和に徹してみることもいいかもしれません。結婚式がどんどんカジュアルになっていく中で、逆に新鮮に思えませんか?

 また、お家結婚(勝手に名づけてしまいましたが)には、お金をかけることを重視する傾向にあります。でも、派手にやりたくない!と思うカップルもいるでしょう。それならお金を「派手さ」にかけるのではなく「上質」にこだわってみましょう。ただ、お金をかけるのではなく、センスあるものをチョイスしてください。そうじゃないと逆に下品になってしまうことがあるからです。

 出席者も新郎新婦のお友達ではなく、お家関係(父親の会社関係の人など)の人たちを呼ばなくてはいけなくなるかもしれません。「関係ないから」と言ってはいけませんよ。おもてなしの心を忘れないでください。確かに今まであまり会ったことのない方かもしれません。でもせっかく来ていただいたのです。うんと楽しんでいただきましょう。楽しんでいただくことができれば、ご両親にお褒めの言葉をかけてくださるかもしれません。そうすればお家のあなたの株もアップです!お友達とは別に気軽なパーティーを企画するのもいいでしょう。

 最後に、お家結婚は家同士、親族同士が仲良くなる大チャンスと考えてください。親戚同士仲良くなれる仕掛けを用意するのもおもしろいですよね。例えば、形式だけになりがちな、親族紹介の時間を多めにとってみたり、スライド上映などで新郎新婦だけじゃなく、それぞれの親族も登場させたり紹介したり。色々工夫してみましょう。

 こんな風に考えれば、○○家、××家、という結婚式もわきあいあいとしたものに感じられます。せっかく結婚して「家族」になるのです。お家結婚を楽しむことができれば、きっとその後の親戚づきあいもうまくいくはずですよ。がんばってくださいね。
| Bridal Column | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE