ブライダル塾

結婚が決まった人も、今は予定のない人も、
もちろん男女問わずお役に立てる、
ブライダル情報満載の、結婚式準備応援ブログ!
<< お家結婚 親族付合いがうまくいく絶好のチャンス! | main | 効果絶大!!「紙」の威力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
お色直し無し
お色直しにかかる費用ってバカになりません。衣装のお金に、着付けのお金も、2倍、3倍とかかってきます。ここをなんとか削減できないでしょうか?考えてみましょう!

ところで、お色直しをする習慣というのは、世界では珍しいようです。欧米などではほとんど見られません。では、日本での「お色直し」はどのように始まったのでしょうか?

元来結婚式は神に仕え、神の前で誓いを立てる神聖な儀式でした。そして女性は神をまつる人として、神に仕えるため「白」、つまり白無垢を身につける必要があったのです。しかし、その後のお披露目の宴は全く意味合いが異なります。神聖な白装束とは対照的な、婚礼をお祝いする場にふさわしい華やかな色打掛などが用いられました。

この、神のための白装束から、衣と色を変えて、俗世間での華やかな衣装に着替えることを「お色直し」と言うようになったのです。「お色直し」によって神に仕える姿からもとの人間にもどるというわけですね。

現代で、このような宗教的な意味合いでお色直しをされる方はほとんどいらっしゃらないと思います。最近ではお色直しを全くしないカップルも増えています。お色直しのカットはもちろん経費削減に大いに貢献しますが、他のメリットもあります。それは、中座をする必要がないということです。わざわざ来ていただいたお客様をお待たせする必要もありませんし、自分たちも会場でずっと楽しむことができます。何か少し雰囲気を変えたければ、挙式から披露宴に移るときに、ベールをはずしたり、ヘアスタイルを変えたり、ブーケやコサージュを変える「お花直し」をしたり・・・。ドレスを着替えなくても雰囲気を変えることはできます。

それに真っ白なウエディングドレスってこの日だけしか着ることができないのです。せっかくのウエディングドレス、思いっきり満喫してみるというのも素敵なことだと思いませんか?
| Money Plan | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 11:28 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chima88.jugem.jp/trackback/33
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE