ブライダル塾

結婚が決まった人も、今は予定のない人も、
もちろん男女問わずお役に立てる、
ブライダル情報満載の、結婚式準備応援ブログ!
<< 効果絶大!!「紙」の威力 | main | パソコンは最強のブライダルツール! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
前撮りって??
皆さん、「前撮り」という習慣はご存知ですか??前撮りとは、結婚記念の写真を、挙式や披露宴の2〜3ヶ月前にあらかじめ撮っておくことです。メイク、ヘアもセットしてのプロによる記念撮影。四国地方から始まった習慣で、現在は全国に広まっていますが、まだなじみの無い地方もあるようです。

前撮りの利点は時間に余裕のあることが一番にあげられると思います。記念撮影を当日に予定していると時間に追われての撮影になることも考えられます。お色直し毎に撮影知るならなおのこと。その間に、お客様を待たせることになるので急がなくてはいけません。ですが、前撮りでは写真撮影のためだけに動けますので、ゆったりとすすめことができます。

また、当日は着ない衣装を着ることもできます。当日はウエディングドレスだけなら、前撮りで、白無垢とカクテルドレスに挑戦するのもいいかもしれません。当日1日だけじゃ、もったいない!もっとドレスが着たい!と言う方にもお勧めです。

式の前に撮影しておけば、その写真を招待状に載せたり、当日会場に飾ったりすることもできます。スライドにしてもいいですよね。「前」撮り、と言っていますが、「後」撮りもアリだと思います。その場合は、報告はがきに利用できます。

でも、当日と前撮りと2回分、衣装レンタルや着付け代がかかることをお忘れなく。予算が足りない場合は、メイクリハーサルをかねて撮影するといくらか安くなることもあるようです。または、ドレスアップにこだわらないのも一つの方法です。普段の二人をプロに撮影してもらうのも素敵ですよね。思い出の場所にロケに行く、なんてことができるのも前撮りの利点です。

写真はプロと素人の差が躊躇に出ます。やっぱりプロにとってもらうと全然違うんです。自分でも知らなかった表情に気づかされたり、相手の新しい魅力に気づいたりできますよ!「写真」として思い出を残すことに興味のある方は検討されてみてはどうでしょうか?写真家によって表現がずいぶん異なるので、お願いするときは作品を見せてもらって気にいった作風の人にお願いしましょう。
| Bridal Column | 13:24 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 13:24 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chima88.jugem.jp/trackback/35
トラックバック
年収
ひとそれぞれって言うのはわかってるけど、結婚当時の収入ってどの位あったらいいのか
| ヒロのおたけび!! | 2004/10/16 2:26 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE